経理のお悩み無料相談受付中!

0120-634-106

受付 平日9:00~18:00

記帳代行のよくある質問

Q.記帳代行ではどこまでの範囲をやってもらえますか

A.お客様から領収証、通帳のコピー、売上請求書、仕入請求書などの資料をいただき、経理処理をし、試算表、損益推移表、現金出納帳、預金出納帳、売掛残高一覧表、買掛残高一覧表を出すところまでが記帳代行サポートです。 

また、記帳代行とその他のサービスを組み合せることで、経理はもちろん経理以外の業務の一括アウトソーシングも可能です。

 

Q.領収証や請求書の原本を渡す必要がありますか?

A.原則として領収証は原本、預金通帳はコピー、売上請求書は控え、仕入れ請求書は原本をいただきます。

貴社で必要なものは、コピーして保存していただくことになりますが、ご相談に応じます。

 

Q.何か特別に伝票を書く必要はありますか?

A.特別必要ありませんが、現金で売上入金や出金したご祝儀などの場合は、一部、入・出金伝票が必要になる場合があります。

また、品名が分らない領収証などには、直接品名を記入していただきます。

 

Q.受渡しの方法はどうするのですか?

A.ご相談の上、決定致します。

資料のお預り、帳簿の納品などは、郵送・FAX・メールの他、直接の受け渡しなどのケースがございます。

 

Q.いつ頃納品いただけますか?

A.基本プランでは20日営業日程度となっておりますが、オプションサービスにより最短5営業日以内の納品も可能です。

 

Q.預けた領収証などはいつ返してもらえるのですか?

A.原則的には、決算処理が終了するまで当社で保管します。

決算処理が終了した時点で、決算書・総勘定元帳などの納品と一緒にご返却します。
毎月ご返却を希望される場合はご相談ください。

 

Q.以前から付き合っている税理士と一緒にやってもらえませんか?

A.はい、お客さまご指定の税理士さんと一緒に決算処理をすることもできます。

もし、ご指定の税理士さんがいらっしゃらない場合は、当社の提携税理士事務所が対応いたします。

 

Q.期の途中でもサービスを契約できますか?

A.はい、可能です。

決算書・試算表の残高が確定しているところから当社が会計処理を開始します。
全く試算表ができていない場合は、期の初めからになります。

 

Q.決算が近づくまで、経理をしていない場合どうすればいいですか?

A.当社ではそうしたお客様のために、1年分の経理をまとめて行い、合わせて決算の確定申告書までを約1ヶ月間で完了させるご注文も承っています。

一度ご相談ください。

 

Q.当社の勘定科目は特殊ですが対応できますか?

A.はい、対応可能です。

お客さまの勘定科目に従って仕訳を行います。
特にご指定がない場合は、貴社に最もふさわしい勘定科目をご提案いたします。

 

Q.資金繰り表は出せますか?

A.はい、可能です。

「資金繰り表オプションサービス」として行っています。

 

Q.銀行振込みはやってくれるのですか?

A.はい、可能です。

振込代行サポート」として行っています。

 

Q.税金対策もやってもらえますか?

A.当サービスでは、毎月、節税対策には十分配慮して経理処理をします。

利益が出そうな場合は会計期間中にお知らせするばかりでなく、節税の対策をご提案します。

 

Q.税務調査には対応してもらえますか?

A.はい、可能です。

「税務調査サポート」として行っています。
当社の提携税理士事務所が対応します。

詳細についてはご相談ください。

>>税務調査サポートはコチラ

経理・労務にもう悩まない。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
無料相談をさせていただいております。
無料相談の詳細はコチラ

0120-634-106

受付 平日9:00~18:00

クラウド経理・労務アウトソーシングなら
経理・労務の効率化、時間的&人的コスト削減に
クラウド経理・労務アウトソーシングの詳細はこちら
バックオフィスサポートメニュー Support Menu
  • コストカット診断 無料でコストカットの診断!
  • クラウド導入支援サポート 効率化、コストカットなら必須!
  • 経理・労務代行サポート 本業に専念するならコチラ!
  • 記帳代行サポート 入力の手間を削減します!
  • 給与・勤怠代行サポート 社員の入れ代わりにも対応!
  • 年末調整代行サポート 年末の忙しさを少しでも軽減!
  • 請求管理代行サポート 正確&スピーディに処理!
  • 支払管理代行サポート 銀行に行く必要無し!
会社情報about us
ヤマト税理士法人の考え方
経営者のビジネスパートナーとして会社の成長を支え続ける
サポートした企業が環境の変化に対応しつつ、発展する永続的な企業になることが当社の切なる願いです。
PAGETOP