法人税の申告期限

1ヶ月を切った決算書も大丈夫! 通帳・領収書・請求書だけでOK! 決算書作成法人税申告 丸投げサポート59,800円? 詳しくはコチラ

法人税の申告期限は、原則として決算日後から2ヶ月後になります。

(例)決算日 3月31日 9月30日 12月31日
(例)申告期限 5月31日 11月30日 2月28日または29日

※ただし、申告期限となる日が土曜日・日曜日・祝日に重なる場合は、その次の平日が申告期限となります。

会社の決算日がわからない場合の対処法は?

いままで決算のことをほとんど気にしていなかったという方も今まで相談を受けたお客様の中にはいらっしゃいました。
その場合、まずは決算日を特定することからはじめることになります。

>決算日の調べ方について詳しくはコチラ!

申告書の提出期限は延長できるか?

一定の要件を満たせば、税務署に届出をした上で法人税・住民税・事業税の申告期限を1ヶ月間遅らせることが可能です。

ただし、消費税の申告期限を遅らせることはできませんので、消費税については決算日から2ヶ月以内に申告することが必要になります。

税金の納付期限も決算日後から2ヶ月後

税金の納付期限も、申告期限と同様に決算日から2ヶ月後までとなっています。
税金を納付せずにいると、当然ペナルティを受けることになりますので、確実に納付するようにしてください。

●法人税申告をしていない場合のペナルティについて詳しくはコチラ!
●税金を期限までに納付しない場合のペナルティについて詳しくはコチラ!


お気軽にご相談・お問い合わせください! 無料相談ご予約ダイヤル 0120-634-106 つながらないときは048-866-9734まで! 受付時間 9:00?18:00(土日祝除く)
驚きの低価格で会計・経理記帳を代行します! 記帳代行月額費用980円? 0120-634-106 詳しくはコチラ 1ヶ月を切った決算書も大丈夫! 通帳・領収書・請求書だけでOK! 決算書作成法人税申告 丸投げサポート59,800円? 詳しくはコチラ 超カンタン! 記帳不要! スマホでも入力できる! 低価格! クラウド会計導入サポート 最新のクラウド会計で面倒な会計をスマート化! 詳しくはコチラ